広告
  • Home »
  • ガジェット »
  • 【衝撃】あなたのインターネット閲覧履歴、カード情報は第三者が取得可能! 情報を守るため今すぐするべきたった一つのこと

【衝撃】あなたのインターネット閲覧履歴、カード情報は第三者が取得可能! 情報を守るため今すぐするべきたった一つのこと

WEB上の情報漏洩アカウントの売買などインターネット通信の危険性をあおるようなニュースが増えてきた昨今。

安全性が低いと言われる無料Wi-Fiや公共のネットワークだけではなく

個人のネット環境でも簡単に情報が取得されてしまう被害が増加しています。

■ 気づいていないだけ?あなたの個人情報は誰かに取得されているかも

インターネット上で自分のブライベートな情報が流出してしまうことを気にしたことはありますか?

PCやスマホからインターネットにアクセスして利用できるサービスが増えた分、

個人情報が流出するリスクも増えています。

例えば、

通販サイトに登録したクレジットカード情報
サイトの閲覧履歴
インターネットバンキングの利用履歴
メールのやり取り
マイページのIDパスワード

など、

あなたがweb上の便利なサービスを使っていると、実は脆弱なネット環境では

個人情報がハッカーや泥棒にいつ取得されてもおかしくない状態になっています

これらの情報が盗まれと、改ざんされ勝手に記録を上書きされたり、アカウントを売買されたりすることがあるのです。

身近な例で言うと

snsの乗っ取りクレジットカードの不正利用架空請求

などがあります。

自分では気をつけて管理しているつもりでも、ネット環境に気をつけていないと

あなたの個人情報は世界中に筒抜けになっているかもしれないのです…

なぜなら、あなたがインターネットに接続した履歴はインターネットプロバイダに記録されるから。

ブラウザの閲覧履歴を消したり、パスワードを頻繁に変えたりしても、既にあなたの情報は蓄積されているので、今後も被害に会うリスクは残ります。

個人のネット環境で情報が取得される被害が増えてきたことから、最近、個人のプライバシーを保護するための

VPN

という接続サービスの必要性が高まってきています。

 

>>海外でも注目「VPNプロバイダ」って?

■ 世界中で常識化しつつあるVPNプロバイダとは?

今注目されているVPNとは、

個人のウェブサイトの閲覧、ダウンロードハッカーなどの悪質な利用者や政府の検閲などから守るために創られた仮想プライベートネットワークのこと

「仮想プライベートネットワーク」と聞くとなんだか難しそうな感じがしますが、

個人のインターネットの利用が第三者の目に触れることがないよう隠してくれるツール

のようなものです。

VPNを利用すると、インターネットトラフィックがトンネルに隠れるような状態になり

トンネルの中でデータが暗号化されるので、自分と送信先しか情報を閲覧できなくなります。

つまり、アクセスしている場所、端末情報、IPアドレスを隠して

あなたという人が特定されない状態になるのです。

また、トラフィックの行き先、DNSクエリを残さなくなるので

保護された状態のもと匿名で自由にインターネットを利用できる状態になります。

さらに、VPNプロバイダを通すと特定の国でブロックされているインターネットも使用できるうえ

情報が保護されるため

無料Wi-Fiなどの公共ネットワークでも安全性を気にせず接続できるようになります

■ VPNはアプリをインストールして使うのが主流

VPNはルーターを利用したり、専用のアプリをダウンロードして使うことができるプロバイダです。

最近ではコストを抑えられてスマホやタブレットなどの端末でも使いやすい

アプリで利用できるVPNプロバイダが主流になっています。

現状はサーバーを世界中に設置している運営者が多いため海外発のサービスが多く

外国語でしか利用できないものもあります。

その中でも、日本国内向けにアプリも登録画面も日本語で利用できるように設定されたサービスに人気が集中しています。

数あるVPNアプリの中でも、初めて利用する人におすすめだと言われているのが

世界最大のVPNプロバイダサービスを提供している

ExpressVPN

です。

>>ExpressVPNって?

■ 世界中で選ばれているVPNプロバイダ『ExpressVPN』


安心してネットが使えるようになるVPNプロバイダの中でも、初めてでも操作が簡単で、世界中のユーザーに指示されているのがExpressVPN

ExpressVPNは、BBCやニューヨークタイムズで「世界有数のVPNプロバイダ」として紹介されている、世界スタンダードのVPNツール。

海外はもちろん、

国内ユーザーからの高い評価

サービスのていねいさ

対応機種の多さ

で年々利用者が増加しています。

特に、ユーザーのプライバシー第一を考えたサービスで評価されているのが特徴です。

・ユーザー情報を保護

ExpressVPNでは、ユーザーのインターネットトラフィックを256ビットのAESで暗号化して保護しています。

ログを残さず、IPアドレスも伏せられているので、ユーザーは匿名で安全に利用できます。

・データログを残さない

ExpressVPNは記録を残さないことはもちろん

第三者への情報提供をしません

そのため、あなたの利用状況は

企業からのターゲティングロギングオンライン活動の制御政府の監視・閲覧

などから常に守られます。

・ハッキング、情報流出に24時間監視で対応

スプリットトンネルで常にネットワークを監視し、ハッカーの接触を防ぎます。

そして、ExpressVPNを導入すると、インターネットの高速利用が可能になります。

ExpressVPN なら100以上の国にある超高速VPNサーバーが使えるので

通信量、バッファの制限が無く、ストレスフリーでネットの閲覧、アプリや音楽の高速ダウンロード

が可能になります!

ExpressVPNは利用できる端末が幅広く、

デスクトップパソコン
ノートパソコン
スマートフォン
ルーター
タブレット

などのデバイスはもちろん、

windows
mac
Android
iOS
Linux

などのOSからアプリをインストールするだけで利用できます。

アプリをインストールすれば、有線Wi-Fiセル方式のネットワークなどあらゆる接続方法が安全に使えるので

安全性が不安なネットワークや公共のWi-Fiホットスポットからの接続でも

ExpressVPNを備えておけば安心してインターネットが使えます。

>>ExpressVPNの利用方法について知る

ExpressVPNは利用するまでの手順も簡単。

1.マイページに登録する
2.アプリをインストール
3.接続をクリック

この3ステップで操作は完了。

アプリをインストール後は世界中のどこからでも安全にインターネットを利用できるうえ

複数のデバイスから同時接続もできます。

■ ExpressVPNはサービス面、コスパでも高評価


ExpressVPNは、年中無休24時間体制でライブチャットを利用でき、ユーザーの問い合わせにも対応してくれます。

世界中で利用できるサービスですが、登録画面やアプリは日本語なので初めてでも設定は簡単。

ExpressVPNの利用料は一ヶ月あたり$8.32と、

日本円で1,000円以下の格安価格で始められます。

しかも、初めて利用する人には30日間返金保証が適用されます!

つまり、1ヶ月以内に止めても料金が発生しないので、お試し購入も可能なのです。

 

>>ExpressVPNの詳細はこちら

最後に

ハッカー情報泥棒の存在が認知され

個人の情報漏洩やアカウントの売買などが頻繁に起こる不安定なネット環境

になりつつあります。

被害が起こって後悔する前に、プライバシーは自分で管理しないといけない時代です。

プライバシー保護の意識とリテラシーが高い人が使うもの、というイメージのあるVPNプロバイダですが

今後セキュリティ対策の大切さが広まるともっと一般的になってくるでしょう。

初めてVPNを使う人は、世界中で支持されていて便利な日本語版アプリが使えるExpressVPNなら

手間なくVPNプロバイダを始められるはず。

「そろそろ管理しなきゃ」とネット環境整備の必要性を感じているなら、今のうちから始めておきましょう。

 

>>ExpressVPNの詳細はこちら

広告