広告

初心者でも安心!レンタルサーバー選びの4つのチェックポイント

最近はレンタルサーバーのサービス提供を安く行う会社が増加していますね。でも、選択肢が豊富になった分「どのレンタルサーバーが良いの?」と悩む人も増えている様子。ここでは初心者の為のレンタルサーバー選びのポイントを紹介していきます。

1.「大容量」はホントに必要?

現在では200GB〜という超大容量ディスクスペースを用意するサーバーも珍しくなくなりました。でも、実際にここまでの大容量は必要ですか?

例えばネットショップや店舗サイトとしての利用の場合、全データが「2GB」以下のケースが70%近いことが判明しています。大は小を兼ねるとは言え「容量が大きいほど料金も上がる」点には留意すべきです。

画像をアップする程度なら、20GB程のスペースがあれば十分と言えるでしょう。容量に不安があるなら、後からスペースを増設可能なサービスを選ぶのがオススメ。なお動画データを大量にアップするなら、200GBクラスの容量があった方が安心です。

2.「回線の強さ」が重要!

回線の強さとは、道路で言えば車線の多さ。車線が多ければ、沢山の車が走ってもスムーズに通行できますよね。反対に単車線だと渋滞が起こり、事故の可能性も高まります。

これと同様に、回線が弱いサーバーは多量アクセスで負荷がかかり、サイトの表示速度が遅くなります。もしくは、サイトの表示が全く行われないことも。そのため回線が強いレンタルサーバーを選ぶことが大切なのです。強さを比較するポイントは「転送量」と「回線速度」。2つの数値が大きいほど安心感が高まります。

気をつけたいのが「転送量無制限」という表記です。「無制限」と言っても、実際には「はっきりした基準が無いだけで制限はある」ことが殆ど。明示をしない分、意外と制限が厳しいこともあります。

3.「自動バックアップ機能」をチェック!

Webサイトの構築に不慣れな人の場合、更新でサイトデザインが崩れたり、重要なデータを削除した…というトラブルも多い様子。きちんとバックアップしておけば復旧できますが、一つの更新毎に保存をする手間を忘れてしまうというケースは珍しくありません。自動でバックアップを行うサービスが付いたレンタルサーバーを選べば、このような時も安心です。

4.サポート体制は万全?

レンタルサーバー初心者の場合、不明点やトラブルが有った時、いち早く対応してくれる会社を選ぶことが大切。以下をチェックしておくと、その会社のサポート状況を判断しやすくなります。

・問い合わせページ表示がわかりやすいか?
・電話窓口が記載されているか?
・対応時間が24時間・年中無休か?
・電話窓口がフリーダイヤルか?

サーバー利用に慣れたユーザーならば多少のトラブルは自分で解決できますから「料金が破格な代わりにサポートは無い」という会社でも問題は無いでしょう。しかし初心者の場合、サポートと連絡が付くまではトラブルが解決されず、折角の多量アクセスのチャンスを逃す可能性もあります。料金面だけでなく、サポートの充実度にも気を配りましょう。

広告