広告

【あなたも損してる?】知らなかった税金対策ランキング8選

【1位】商品券・ギフト券

商品券やギフト券には、実は節税対策の効果があります。社員に対して配られる商品券については、「福利厚生費」としての計上が可能なのです。ただし、あくまで社会通念上認められる範囲内であり、税務上不相応と判断される金額の場合は「給与」として課税対象となるため注意が必要です。忘年会や新年会などのイベント毎で用いる程度のものでしたら問題ないでしょう。

広告